伊賀署 パトカーが男児はねる 足首骨折の重傷 三重

【伊賀】31日午後8時25分ごろ、三重県伊賀市川合の県道甲南阿山伊賀線で、南進中の伊賀署地域課の男性署員(53)が運転するパトカーが、道路を横断しようとした伊賀市上友田、小学2年の男児(7つ)をはねた。男児は左足首を骨折する全治約1カ月の重傷で、同市内の病院に搬送された。

同署によると、現場は片側一車線の直線道路で、付近に横断歩道はなかった。当時近隣の陽夫多神社の奉納花火大会の雑踏警備のためにパトロール中だった。男児は母親と花火の見物に訪れていたといい、詳しい原因を調べている。

同署の三國悦夫副署長は「事故原因など詳細を調査し、適正に対応する。今後署員の事故防止を指導していく」とコメントした。