日本公庫四日市と北伊勢上野信金 焼肉店の創業資金を融資

日本政策金融公庫四日市支店(有田哲二支店長)はこのほど、北伊勢上野信用金庫白子支店(森本格敬支店長)と協調し、「焼肉店喰(くう)韓(かん)」(三重県鈴鹿市白子、橋本建二社長)の創業資金を融資した。

橋本社長は、両金融機関の資金を店舗の内外装や敷金のほか、食器類など備品の設備資金や前家賃・宣伝広告などの運転資金として、利用した。

同店は8月13日に近鉄名古屋線の白子駅前東交差点そばにオープン。全席禁煙和牛を低価格で味わってもらうとともにおいしいお酒が飲める空間の提供をコンセプトにしている。

白子地区には少ない韓国風の味付けで、自家製のタレなどにもこだわりをみせている。カフェ風でおしゃれな雰囲気の内装にし、女性客でも入りやすい店づくりを意識した。