「甲子園でも旋風を」 白山高壮行会 選手ら激励 三重

【校内壮行会に臨む白山ナイン=津市白山町南家城の白山高校で】

【津】三重県津市白山町南家城の県立白山高校(赤塚久生校長)体育館で31日、7月の三重大会で初優勝し、8月に阪神甲子園球場で行われる第百回全国高校野球選手権記念大会に出場する硬式野球部の壮行会があった。

保護者、地元住民ら約50人と全校生徒が見守る中、辻宏樹主将(3年)らベンチ入りメンバーが三重大会の優勝旗、優勝盾、優勝メダルなど携えて入場。壮行会開催を感謝した辻主将は「甲子園出場で恩返しを果たせてうれしい。粘り強い野球で甲子園でも旋風を起こしたい」とあいさつした。

赤塚校長は「三重大会の一戦一戦でチームワークと力を高めていった積み重ねが結果につながった。甲子園でも全員野球で戦って」と激励。生徒会長の中嶋健人君(3年)も「甲子園で思う存分力を発揮してください。生徒一同応援します」とエールを送った。

会場では祝電のほか、野球部の東拓司監督の大阪体育大時代の先輩に当たる巨人・上原浩治投手からのお祝いの花も飾られた。