甲子園でも白山旋風を 野球部が津市長訪問 三重

【甲子園での健闘を誓う白山高野球部=津市役所で】

【津】第百回全国高校野球選手権記念大会に三重県代表として出場する県立白山高校(津市白山町南家城)の野球部が30日、市役所を訪れ、職員や来庁者ら約400人を前に「甲子園では臆することなく自分たちの野球をしっかりやりたい」と抱負を語った。

市役所のロビーで歓迎セレモニーがあり、職員や来庁者らが拍手で出迎えた。前葉泰幸市長が「甲子園初出場だからと臆することなく、全力でプレーしてきてほしい。市民みんなで応援する」と激励。奨励金や「甲子園でも白山旋風」と書かれた色紙を贈った。

東拓司監督は「地元の方々に応援をいただき、県大会で優勝できた。甲子園では白山の誇りと練習で鍛えた力を発揮したい」とあいさつ。

辻宏樹主将は「どこの高校よりも地元の方にお世話になっている。県大会で優勝して、その恩返しができた。甲子園でも応援をお願いします」と述べた。