台風12号、直撃の可能性 三重県内、今夜から最接近

強い台風12号は強い勢力を維持したまま28日夜から29日未明にかけて県内に最接近し、東海地方から本州に上陸する可能性がある。県内を直撃する可能性があり、猛烈な雨と、海上では猛烈な風やうねりを伴うしけとなる見込み。津地方気象台は土砂災害や低い土地の浸水、暴風への警戒を呼び掛けている。

台風12号は27日午後5時現在、父島の東約200キロを時速約30キロで北東に進行。中心気圧は965ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は40メートル、中心から半径130キロが風速25メートル以上の暴風域。勢力を保ったまま速度を上げて北上し、伊豆諸島から進路を西寄りに変えて上陸する恐れがある。

気象台によると、県内では28日夕方から、1時間当たり90ミリの雷を伴った猛烈な雨が降る見込み。24時間の予想雨量は、多いところで28日午後6時までで80ミリ、29日午後6時までに300―500ミリとなっている。

また、29日にかけて北中部で最大風速30メートル、南部で40メートルの猛烈な風が吹き、北中部の内海で最大4メートル、南部の外海と伊勢志摩内海で9―5メートルの波の高さとなる恐れがある。大潮と重なるため、気象台は高波や高潮への警戒が必要としている。