鈴鹿の殺人事件 妻と交際相手の男逮捕 死体遺棄の疑い 三重

三重県鈴鹿市稲生塩屋一丁目の住宅駐車場に止めてあった軽ワンボックス車内で5月、この家に住む解体作業員横山麗輝さん(25)が遺体で見つかった事件で、県警捜査本部は24日、死体遺棄の疑いで、麗輝さんの妻で飲食店経営横山富士子容疑者(45)と交際相手で鈴鹿市住吉二丁目、会社員上山真生容疑者(29)を逮捕した。認否は明らかにしていないが、2人の交際を巡りトラブルがあったとみて詳しい動機などを調べている。

逮捕容疑は5月13日午前5時10分ごろ、共謀して自宅駐車場に止めた車内に麗輝さんの遺体を遺棄した疑い。富士子容疑者が経営していた店舗付近の防犯カメラの映像や、関係者への聞き込みなどから容疑が浮上した。

捜査関係者によると、上山容疑者は別の場所から遺体を乗せた麗輝さんの軽ワンボックス車を運転して自宅駐車場まで運び入れ、富士子容疑者は自分の車でその後ろを追随して自宅に戻ったとみている。2人は麗輝さんが亡くなった経緯についても知っていると見られる。県警は殺害容疑も視野に調べを進める。

同事件を巡っては5月13日午前5時55分ごろ、麗輝さんの義理の息子(25)が車内後部座席で首に延長コードを巻かれた麗輝さんの遺体を発見し、一一〇番した。首に抵抗した際にできる傷が残っていたことから県警は殺人事件と断定し、鈴鹿署に捜査本部を設置して捜査を続けていた。