菰野町 パラミタ陶芸大賞に稲崎さん 三重

【稲崎さんの作品に見入る来場者】

【三重郡】三重県菰野町大羽根園のパラミタミュージアム恒例の「第13回パラミタ陶芸大賞展」の発表式が22日、同ミュージアムであった。来館者の投票で大賞を決めるユニークな形式で、投票総数1461票のうち、最多の618票を獲得した香川県高松市の稲崎栄利子さん(46)が大賞に選ばれた。

「時代を代表する陶芸家」と、全国の美術関係者から推薦された陶芸家6人が出品。稲崎さんは「現像」や「蘇り」と題した個性的な作品を出した。投票は6月7日から7月8日までの32日間にわたって行われた。

発表式で、岡田文化財団の岡田卓也理事長が稲崎さんに賞状と副賞を手渡した。稲崎さんは少し緊張しながら「長く続けてきて良かった。これからも心を尽くして、じっくりと作っていきます」と話した。

大賞展は29日まで。