三重テレビ女子アナ若林さん、高校野球実況デビュー

【実況に向けて球児への取材を重ねる若林アナウンサー(右端)】

三重テレビ放送(津市)女子アナウンサーの若林希さん(29)が、15日の第100回全国高校野球選手権記念三重大会の1回戦、松阪―伊勢工戦で実況デビューした。野球の知識を買われて入社8年目で大役を任された。「女性の視点も生かして球児のひたむきなプレーを伝えることができれば」と話す。

神奈川県出身。学生時代ソフトボール部に所属していたこともあり、入社後、高校野球のダイジェスト番組など担当してきた。野球への知識や、仕事への姿勢を買った上司から、実況への転向を打診された。「私にできるだろうか」と一瞬戸惑ったが「断る理由はない」と挑戦を決めた。

昨年秋から、先輩アナウンサーと球場に出向いて実況の練習を重ねた。「選手の人柄も伝えたい」と、仕事の合間を縫って学校に出かけて補足取材も行い、「まじめで頑張り屋」(平田雅輝報道制作部長)と周囲の評価も高い。「まず目の前のことを正しく伝えていく」としながら「いずれは選手の人となりも紹介できれば」と話している。