センバツ4強の三重、初戦敗退 夏の高校野球三重大会

【松阪商―三重 三重戦で2失点完投し勝利投手となった松阪商・渡辺=松阪球場で】

第100回全国高校野球選手権記念三重大会第2日は14日、四日市球場など4球場で1回戦10試合があった。大会第4シードで今春の選抜大会ベスト4の三重はノーシードの松阪商に2―5で敗れた。

三重は先発定本拓真が制球に苦しみ一回に1点を先制されると2回も2点を失った。10安打を放つも得点は3回の2点に止まった。

四日市は松阪工に3―2の9回サヨナラ勝ちを果たして17日の2回戦で第2シード津田学園との対戦が決定。伊勢は鈴鹿を6―3で破り、17日、菰野と2回戦を戦うことが決まった。

白山は四日市南を10―3の7回コールドで退け、1番栗山翔伍が大会第1号となる2点本塁打を放った。津は延長12回、6―5で明野を下した。