女子中学生を誘拐容疑 男逮捕、SNSで知り合う 三重

【四日市】三重県の四日市北署は12日、未成年者誘拐の疑いで、大阪府西成区南津守、自称警備員西尾準記容疑者(29)を逮捕した。

逮捕容疑は7月7日午後4時50分から同月11日午後10時25分ごろまでの間、SNSを通じて知り合った四日市市の中学生少女(14)が未成年だと知りながら、「うちに来る」などと誘惑し、家族に無断で車に乗せて連れ出し、大阪の自宅まで誘拐した疑い。

同署によると、少女の母親から行方不明届を受け、少女の自宅付近の防犯カメラの映像などから西尾容疑者を特定。西尾容疑者宅近隣のコンビニ店に2人で現れたところで任意同行を求め、その場で少女を無事保護した。「未成年と知っていたが、連れ去って自宅で一緒にいたことは間違いない」と容疑を認めている。