列車の中で模擬授業 鈴鹿大 あすオープンキャンパス 三重

【14日のオープンキャンパスをPRする学生ら=鈴鹿市郡山町の鈴鹿大学で】

【鈴鹿】三重県鈴鹿市郡山町の鈴鹿大学は14日、伊勢鉄道(同市桜島町一丁目)の協力を得て、1両編成の貸し切り臨時列車計2本を使った模擬授業と音楽コンサートを開催する。定員は各40人。参加無料。

受験生を対象とした同日の同大学と短期大学部のオープンキャンパスの一環。最寄り駅の中瀬古駅と津駅の間を往復する。列車にはこども教育学部の学生がデザインしたオリジナルヘッドマークを掲げる。

当日は午前9時半から受付ける。臨時列車の授業は国際地域学部(申請中)が伊勢鉄道のコストや活性化に関する問題を出題。国際人間科学部の3年生が授業を進める。

同大学は「生き生きとした学生たちの姿を見て興味を持ってもらえれば」と呼び掛けている。問い合わせは入試広報キャリア課=電話0120(919)593=へ。