西日本豪雨 三重県 被災者に県営住宅を提供

西日本を襲った豪雨を受け、三重県は11日、被災者に県営住宅を無償で貸し出すと発表した。すぐに入居できるのは18世帯で、入居希望者数に応じて順次増やす予定。

四日市(8世帯)▽鈴鹿(6世帯)▽津(4世帯)―の3市にある県営住宅計18世帯分を提供する。いずれも共同住宅。西日本豪雨の被災者で罹災(りさい)証明書を持つ世帯が対象。家賃は無償で敷金や連帯保証人も不要。入居期間は1年以内とする。

県住宅政策課から県営住宅一時使用許可申請書を入手し、誓約書や罹災証明書と一緒に同課=〒514―8570津市広明町13番地=へ郵送する。問い合わせは、同課=電話059(224)2703=へ。