相撲三重県選手権 佐藤(県体協)が優勝

相撲の三重県選手権大会は8日、伊勢市宇治中之切町の神宮相撲場であった。今年秋の福井国体県代表選考会を兼ねて開き、成年の部は、新潟県出身で、今年から県体育協会所属の佐藤崇が優勝した。

佐藤は3連覇を目指した城山聖羅(東洋大)=鳥羽市出身=らを退けて初優勝した。新潟県代表で出場した昨年の愛媛国体成年男子団体優勝メンバー。

結果は次の通り。

【成年】①佐藤崇(県体育協会)②城山聖羅(東洋大)③滝田真(志摩高教)
【高校】①梅澤忠秀(宇治山田商高)②落合駿(同)③小川兼輝(同)
◆相撲 県選抜小学生大会(8日・神宮相撲場)
【団体】①津相撲スポーツ少年団②三重クラブA③志友館相撲道場
【個人】1年 ①山科龍吾(天白)②西口瑛大(四郷)③立松蒼(二見浦)▽2年 ①田中俊太郎(郡山)②田口大聖(北立誠)③森口崇太郎(厚生)▽3年 ①山本虎雅(上野)②森口義仁(四郷)③西口颯人(同)▽4年 ①平賀瑛大(養正)②斎藤正虎(栗真)③田口雄勢(北立誠)▽5年 ①中西鋭(度会)②後藤隼斗(白塚)③木村治紀(同)▽6年 ①辻康志郎(西が丘)②ヘルモソ規央カレブ(玉垣)③濱田珊瑚(東海)