鈴鹿と伊勢志摩、1回戦突破 サッカーの全国社会人選手権東海予選

サッカーの全国社会人選手権(10月・茨城県)につながる全国社会人選手権東海予選は7日、三重県桑名市のNTN総合運動公園サッカー場などで始まった。県内から出場した鈴鹿アンリミテッド、FC伊勢志摩は1回戦を突破した。

東海4県の予選を勝ち抜いた社会人登録の16チームが、2日間の日程で、4会場4チームに分かれてトーナメント形式で対戦する。各会場の1位チームが全国大会に進出する。

県1位の鈴鹿アンリミテッドFCは1回戦で静岡6位の静大クラブを5―0で下した。県2位のFC伊勢志摩は3―0で静岡4位の岳南Fモスペリオを退けた。