玉城町 ブロック塀撤去に補助金 大阪北部地震の倒壊事故受け 三重

【度会郡】大阪府北部を震源とする地震でブロック塀が倒壊し、下敷きになった女児などが死亡した事故を受け、三重県の玉城町は6日、ブロック塀の撤去などにかかる費用を補助する制度を設けたと発表した。工事費の2分の1以内を最大で10万円補助する。

町などによると、危険なブロック塀の撤去を促すことが目的。ブロック塀の撤去費用を補助する制度は、既に伊勢市や鈴鹿市などが設けている。

対象は、個人や法人の敷地内にあり、道路に面した高さ60センチ以上のブロック塀。撤去後に生垣やフェンスなどを設置する費用も対象に含まれる。

町は学校を含む公共施設のブロック塀を点検している。小学校の敷地内で、補強のための「控え壁」がないブロック塀が見つかり、撤去する方針。

補助制度の申請用紙で申し込む。申請用紙は町のホームページから印刷できる。問い合わせは町総務課=電話0596(58)8200=へ。