写真と構図など酷似 昨年のJA三重中央会図画コン 知事賞の受賞者辞退

JA三重中央会が主催するコンクールの図画部門で昨年の知事賞受賞者が受賞を辞退したことが日、分かった。受賞作品と写真家の作品が酷似しているとの指摘が外部からあったため。

受賞した絵は写真家がホームページで公開している写真と構図や背景が酷似。コンクールの担当者は「選考段階で気付かなかった。今後は厳正に審査したい。関係者に迷惑をおかけし、おわびする」とした。

コンクールは米食や稲作への理解を広めようと県内の小中学生を対象に毎年実施。知事賞は最高賞にあたる。JA三重中央会は受賞した作品をホームページで公開していたが、受賞辞退を受け、4日に削除した。