1万人が水遊び「楽しい」 鈴鹿サーキットのプール始まる

【水遊びを楽しむ来場者ら=鈴鹿市稲生町の鈴鹿サーキットで】

【鈴鹿】鈴鹿市稲生町の鈴鹿サーキットは30日、今季のプールエリアの営業を開始した。9月9日まで。

プールエリアは敷地面積約2万3千平方メートル。流水プールやキッズプールなど5種類のプールエリアと3種類のスライダーがあるほか、水着のままで遊園地のアトラクション、28機種に乗れ、Tシャツを無料で貸し出す。期間限定で同サーキットキャラクターの放水イベントがある。

この日は約1万人が来場し、水遊びを楽しんだ。愛知県豊田市から家族4人で来た佐藤眞樹子さん(43)は「初めて来た。仕掛けなどもたくさんあって子どもたちも喜んでいる」、長男の塁斗君(5つ)は「楽しい」とそれぞれ話していた。