三重県 産廃運搬業の許可取り消し 四日市の業者処分

三重県は28日、四日市市水沢町の産業廃棄物処理業者「山下住企」の産業廃棄物収集運搬業の許可を取り消したと発表した。法律で禁じられている産業廃棄物の焼却を実施したため。

県によると、2月16日、同市桜町の作業場で野外焼却をしていると県に通報があった。県職員が立ち入り検査したところ、重機で掘った穴の中にアルバイト従業員が竹を入れて燃やしていた。

同社は鈴鹿市やいなべ市の竹林を伐採し、作業場で竹を燃やしていた。県が立ち入り検査した日は焼却作業を始めてから4日目にあたる。