飯野小に図書寄贈 鈴鹿の杉之内工務店50周年で 三重

【杉之内工務店から寄贈された書架と児童図書=鈴鹿市三日市南の市立飯野小学校で】

【鈴鹿】三重県鈴鹿市道伯二丁目の杉之内工務店(杉之内公明社長)は創立50周年を記念し、このほど校区内の市立飯野小学校(吉川佳男校長、636人)=同市三日市二丁目=に児童図書140冊と書架2台を寄贈した。

寄贈された本は学校側で選んだ。図書室には貸し出しのためのバーコード登録など、管理作業を終えて25日に搬入された図鑑や大型絵本、人気アニメキャラクターが解説する歴史書など、24種類が真新しい書架とともに並ぶ。

補強のためのブックカバーを掛け、7月から子どもたちへの貸し出しを開始する予定。

吉川校長は「子どもたちは本が大好きなので、たくさんの本に大喜びしている。大切にしていきたい」と話していた。