「モー太郎」と「ぴーちゃん」 新竹商店、キーホルダー発売へ 社長就任10年記念

【モー太郎とぴーちゃんのキーホルダーをPRする新竹社長=松阪市役所で】

【松阪】三重県松阪市日野町の駅弁製造販売「新竹商店」(新竹浩子社長)は7月1日から、同社マスコットキャラクター「モー太郎」と新竹社長がモデルの「ぴーちゃん」をデザインしたキーホルダーを発売する。いずれも税込み900円。

同社は参宮鉄道の開業に合わせ明治28年に創業した。新竹社長は四代目。黒毛和牛の顔の形をしたふたを開けると「ふるさと」のメロディーが流れる「モー太郎弁当」や看板商品「元祖特撰牛肉弁当」などを販売している。

新竹社長は「社長に就任してちょうど10年ということでオリジナルグッズを企画しました」とアピールしている。