志摩 豊作願い裸男ら泥まみれ 伊雑宮で「御田植祭」 三重

【泥まみれになって竹を奪い合う裸男たち=志摩市磯部町上之郷で】

【志摩】三重県志摩市磯部町上之郷の伊勢神宮内宮別宮・伊雑宮(いざわのみや)の御料田で24日、豊作と豊漁を願う「御田植祭(おたうえまつり)」があり、呼び物の「竹取神事」では、上半身裸の約40人の男たちが泥にまみれて約11メートルの忌竹を奪い合った。

続いて、白装束に赤たすき、すげがさ姿の早乙女と法被姿の田道人(たちど)らによる御田植神事があり、太鼓や笛の音が響く中、古式ゆかしく早苗を植えた。

平安末期か鎌倉初期に始まったとされ、日本三大御田植祭の一つに数えられる。「磯部の御神田(おみた)」として国重要無形民俗文化財に指定されている。この日は大勢の見物人が訪れ、神事の様子を見守った。