ミッドナイト、売り上げ2.6倍 松阪競輪が初開催 3日間で3億5000万円 三重

【松阪】三重県松阪市は22日、同市春日町三丁目の松阪競輪場が19日から21日までの3日間、「松阪ミッドナイト競輪」を初開催し、3億5813万円を売り上げたと発表した。4―6月に開催した昼間の同じグレードのFⅡレースの平均売上額は1億3651万円で、それと比べ2・6倍に上った。

ミッドナイト競輪は、場内に観客を入れず、午後9―11時半にレースを実施。インターネットか電話の投票で車券を購入する。

導入は全国43競輪場のうち14番目。東海地区では大垣競輪場に次いで2番目となる。他場のミッドナイト競輪の売り上げは3憶6千万円前後で推移している。

次回は7月13―15日。30年度は18日間開催予定。31年度は24日間開く。