塾にカメラ、少女盗撮 児童ポルノ製造容疑 元経営者の男逮捕 三重

【津】津南署は20日、児童買春・ポルノ禁止法違反(児童ポルノの製造)の疑いで、津市久居西鷹跡町、元個人学習塾経営の無職米川政紀容疑者(50)を逮捕した。

逮捕容疑は平成29年5月7日と7月6日、津市高茶屋小森上野町の自身が経営していた個人学習塾内に小型カメラを設置して生徒として来ていた県内の十代少女2人を盗撮し、自宅内のパソコンに動画を保存した疑い。

同署によると、塾の利用者から「盗撮されているかもしれない」と相談があり、事実を確認したところ容疑を認めたため、ビデオカメラとパソコンを押収して特定した。「盗撮してパソコン内に保存したのは間違いない」と容疑を認めている。

米川容疑者は平成25年ごろから小中学生向けの個人塾を経営していたが、今年6月に廃業したという。