三重県 ブロック塀点検を要請 教育機関に

大阪府北部で発生した地震により、高槻市で小学女児が倒壊したコンクリート塀の下敷きになって死亡したことを受け、三重県は20日、市町教育委員会や教育機関にブロック塀を点検するよう要請した。今月中に点検結果を取りまとめ、基準を満たさない場合は安全対策を講じるよう求める。

調査対象は幼稚園や保育園、小中高校、特別支援学校に設置されたブロック塀。メールで設置時期や劣化状況、厚さなどを点検して報告するよう通知した。公立小中学校には市町教委を通じて点検を依頼した。