天皇陛下の代替わり 伊勢で奉祝委を設立 三重

【委員会の設立趣旨などを確認し合う参加者ら=伊勢市岩渕1丁目で】

【伊勢】平成31年4月30日に天皇陛下が皇位を退かれ、翌5月1日に皇太子さまが即位されるのを受け、三重県の伊勢商工会議所や伊勢市などは20日、同市岩渕一丁目の商議所で、天皇陛下への感謝の表明と皇太子さまの即位を祝う「御大礼奉祝委員会」を立ち上げた。

会長に鈴木健一市長、実行委員長に商議所常議員の中村基記氏(52)が就任した。鈴木会長は「伊勢神宮御鎮座の町として、市をあげて感謝とお祝いを申し上げたい」とあいさつ。今後の活動は8月23日に開く次回会議で協議する。

委員会は市や商議所のほか、市議会▽市観光協会▽伊勢小俣町商工会▽市総連合自治会で構成。

天皇陛下の代替わりによる奉祝委員会の立ち上げは平成2年にもあり、即位を祝った。