全国消防職員意見発表会 「平泳ぎ避難法」が優秀賞 鈴鹿消防・内門さんがに報告 三重

【杉野副市長(左)に入賞を報告する内門さん(中央)=鈴鹿市役所で】

【鈴鹿】今月1日に東京都江東区で開催の「第41回全国消防職員意見発表会」に東海ブロック代表で出場した三重県鈴鹿市消防本部の消防士、内門英明さん(22)=中央消防署北分署所属=が2位の優秀賞に入賞。19日、同市役所で杉野浩二副市長に報告した。

同消防本部からの全国大会出場と入賞は初めて。

同意見発表会は、日頃の職務を通じた提言や課題などを述べる。内門さんは「平泳ぎ避難による渋滞防止」をテーマに、平泳ぎ避難法の必要性を説き、参加した10人の中から優秀賞2人のうちの1人に選ばれた。

平泳ぎ避難法は渋滞学を元に考案した独自の避難法で、現在は同消防本部が一丸となって啓発、推進活動に取り組んでいる。

来庁した内門さんは「自分の中で満足できる発表ができた。今後は平泳ぎ避難法をもっと広めたい」と話し、中西貞徳消防長は「多くの混雑や渋滞緩和策として、審査員から内容的に評価された」と説明。

杉野副市長は「経験を今後に活用して」とねぎらった。