交通安全楽しく学ぶ 川越自動車学校でフェス 三重

【シートベルトの効果を体験する男児=川越町豊田一色の川越自動車学校で】

【三重郡】三重県川越町豊田一色の川越自動車学校は10日、教習所を一日開放した「交通安全フェスタin川越」を同校で開いた。交通安全講話をはじめ、高校生による吹奏楽演奏やダンスの披露など多彩な催しがあり、訪れた地域住民が楽しみながら交通安全を学んだ。

日本自動車連盟(JAF)三重支部によるシートベルトの効果を体験してもらうコーナーでは、小さな子どもや親子連れらが体験車に乗り込み、時速5キロの車が正面衝突した際の衝撃を体験していた。また、JAF職員による交通安全講話もあった。

フェスタは毎年、秋に開いていたが、今年から開催時期を6月に変えた。