尾鷲でクマの目撃情報 クチスボダム付近、市が注意呼び掛け 三重

【尾鷲】8日午前9時半ごろ、三重県尾鷲市南浦の国道425号のクチスボダム付近で「クマらしき動物が道路を渡って山に登っていった」と男性から市に通報があった。

市水産農林課によると、現場は民家から約5―6キロ離れた山間部。クマの全長や種類は分からないという。市は防災行政無線で放送し、注意を呼び掛けている。市内でのクマの目撃情報は今年に入って初めて。