大規模停電対応スムーズに 中電が復旧訓練 変電所故障を想定 三重

【大規模停電を想定した復旧訓練=津市中央の中部電力三重支店で】

【津】三重県津市丸之内の中部電力三重支店は7日、同支店で大規模停電を想定した系統故障復旧訓練をした。三重給電制御所の担当者6人が、万一の際の対応を確認した。

同制御所では24時間体制で管内の電気の流れをコントロールしネットワークを監視しており、所内の訓練室でさまざまな想定で訓練を重ねている。

この日は市内の中勢変電所で送電線の基幹の母線が故障し津市や伊賀市の約11万5千戸が停電した想定で実施。「系統故障発生」の音声が流れると同時に、担当者が系統盤を指さしながら停電箇所や停電電力量等を確認した。

隣接する変電所から停止箇所に送電する方針に沿い、役割を分担して作業にあたり発生から14分で復旧した。

濱本一則・指令制御課長(56)は「スムーズに動きを確認しながら分担もうまくできた。普段このようにできれば夏の故障にも対応できると思う」と講評した。