小俣の通信回線復旧 NTT西日本 企業の地下水調査で断線 三重

【伊勢】三重県伊勢市小俣町地内でNTT西日本の通信ケーブルが切断され、町内の一部で電話やインターネットが使えなくなっていた問題で、同社は5日、新たな通信ケーブルを設置し、同日未明に回線が復旧したと発表した。

NTT西日本によると、断線の原因は宅地開発に伴う、民間企業のボーリング調査。排水路を建設するために地下水の水位を調べていた際、誤って断線させたという。

また、NTT西日本は通信ケーブルの切断による影響回線数を最大800回線としていたが、調査の結果で実数は約540回線だったと発表した。