バレー中部日本6人制総合選手権大会 三重県予選 ヴィアティン三重、みえ高田V

【ヴィアティン三重―VC―MIE ブロックに跳ぶヴィアティン三重の選手ら=伊賀市民体育館で】

バレーボールの中部日本6人制総合選手権大会三重県予選は3日、伊賀市緑ケ丘東町の伊賀市民体育館で一般の部があり、男子はヴィアティン三重が3年連続3度目、女子はみえ高田VCsalaが2年連続2度目の優勝を果たし本大会(7月14―16日・愛知県豊橋市)進出を決めた。

クラブチーム、学生チームの男子6チーム、女子8チームがトーナメント形式で対戦した。

今季V3リーグを戦うヴィアティン三重は2試合すべて2―0のストレート勝ち。みえ高田VCは決勝で鈴鹿大を26―24、23―25、25―20の2―1で退けて女王の座を守った。