老化の原因や対処法学ぶ 鈴鹿女性会、亀山でフェス 三重

【老化の原因について講演する竹内氏=亀山市東御幸町の市文化会館で】

【亀山】三重県地域婦人団体連絡協議会の鈴亀女性会(矢田真佐美会長)は3日、亀山市東御幸町の市文化会館で、町も人も元気にしようと題し、第1回「ファイト!亀山フェステイバル」を開催した。会員や市民ら計150人が参加した。

同会は平成27年に発足。高齢者が増加する近年、女性の立場で健康や環境、防災や福祉について学び、会員同士の親睦と助け合いの精神で地域を元気にするのが目的。会員は現在、鈴鹿、亀山市の両市内の女性130人。

この日は、日本成人病予防協会健康管理士で養生研究家として各地で体質強化やトータル健康法の講演活動をしている、竹内治恵氏(50)=名古屋市=を講師に「健康講座」を行った。

年齢に伴う老化の主な原因について竹内氏は「新陳代謝の低下や劣化した糖化タンパク質、活性酸素の増加による細胞の酸化が要因」と述べ、「食生活が大事。和食を中心にタンパク質を積極的に食べ、腹八分目で油に気を付けて」と促した。

また会場内では、伊勢型紙や手芸などの女性サークル団体が作品を展示。矢田会長(53)は「サークルに入り、人と接することで元気になり健康にもつながる」と話していた。