3周年記念し「大カレー大会」 東員町の高齢者交流サロン

【利用者やスタッフに言葉を掛ける水谷町長(右)=東員町笹尾東の「憩いのひろば」で】

【員弁郡】三重県東員町笹尾東の高齢者交流サロン「憩いのひろば」が開設3周年を迎えた。日ごろの利用に感謝を込めたイベントを2日、同所で開き、会場に水谷俊郎町長が駆けつけた。

イベントは「大カレー大会」と銘打って手作りのカレーが200円で販売され、利用者らが味わった。お土産に卵1パックが用意され、それぞれ持ち帰った。

同サロンは平成27年5月、旧交番の建物を利用し、高齢者が気軽に立ち寄り、交流できる場所としてオープン。月―土曜日の午前10時―午後4時に営業し、サロンの利用料として200円を払うと飲み物と菓子が飲食できる。野菜も提供し、サロンの利用者と合わせると年間で約1万人が訪れる。12人のボランティアスタッフで運営する。

水谷町長が「地域の人が集まる場としてこれからも長く続けていってください」と言葉を掛けると、瀧澤徳重代表(74)は「スタッフ一同、ますます頑張ります」と応えた。