「交通安全思想広げ、事故ゼロ」宣言 亀山地区協会が大会

【西川会長(右手前)に交通安全宣言をする林理事=亀山市東御幸町の市文化会館で】

【亀山】亀山地区交通安全協会(西川てる子会長)は2日、三重県亀山市東御幸町の市文化会館で本年度交通安全大会を開いた。

120人が参加し、西川会長は「今後も市民の交通安全に対する意識の高揚を図り、安全で安心な交通社会の実現に向け、活動を展開していく」とあいさつした。

会員を代表して加太地区の林邦夫理事(77)が「交通安全思想の輪を広げ、交通事故ゼロを目指します」と交通安全宣言をした。