海見渡せる喫茶店オープン 尾鷲・三木浦に来月1日 住民憩いの場に 三重

【喫茶店「マドロス」を運営する三鬼さん=尾鷲市三木浦町で】

【尾鷲】海を見渡せる喫茶店「マドロス」が6月1日、三重県尾鷲市三木浦町の海沿いにオープンする。地域おこし協力隊として、3月から同町に住んでいる三鬼早織さん(33)が運営。「住民の交流拠点として、心地よく過ごせる場所にしたい」と話している。

三鬼さんは、同町出身の父親や親戚、住民らに手伝ってもらい、約2カ月かけて鉄骨3階建ての空き店舗を改修。お年寄りが座りやすいようにカウンターを低くし、壁などもペンキで塗り直した。喫茶店は2階にあり、店内はテーブルと座敷で30席を設ける。

マドロスはオランダ語で「船員」。町内に同じ名前の雑貨屋があったことや、三鬼さんがオランダの海運会社で働いた経験から、縁を感じて名づけた。日替わり定食(650円)や焼きそば(500円)のほか、コーヒーやミカンジュースなどを提供する。

営業日は水・木・金・土曜。営業時間は午前9時―午後6時。問い合わせはマドロス=電話070(4481)9432=へ。