岸田氏の発言は「妥当」 三重県知事、公文書改ざん批判で

鈴木英敬三重県知事は28日の定例記者会見で、自民党の岸田文雄政調会長が津市内の講演で、森友学園の国有地売却に関する公文書改ざんについて「信頼が問われている」などと述べたことに「党内で責任の一端を果たす立場としては妥当」との認識を示した。

一方、鈴木知事は「一般論として、多くの人が事実解明をしなければならないと思っている」などと述べ、岸田氏の発言が政権批判には当たらないとの認識を示した。岸田氏との懇談では「特段、政局に関わるような話はしていない」と語った。

岸田氏は27日に津市内であった自民党県連の「政経セミナー」で講演し、公文書改ざんについて「あってはならないことが起こり、信頼が問われている」「しっかりとした反省が必要」「事態の深刻さを認識しなければならない」などと発言していた。