障害者就職9.6%増の1693件 三重労働局 8年連続過去最高

三重労働局は28日、平成29年度の障害者の職業紹介状況を発表した。県内9箇所のハローワークを通じた就職件数は前年度と比べて9・6%増の1693件で、8年連続で過去最高を更新。精神障害者の就職件数が身体障害者を大幅に上回った。

新規求職申し込み件数は8・3%増の3015件で、就職率は0・6ポイント増の56・2%だった。就職件数のうち、身体障害者は458件、知的障害者は350件、精神障害者は777件。医療・福祉分野への就職が692件で全体の4割を占めた。

精神障害者の就職件数は22年度以降、伸び続けている。同局の担当者は「4月から精神障害者を含めた障害者の雇用割合が引き上げられたことや、身体障害者と知的障害者の就職希望者が限られたことから精神障害者の就職件数が増えた」と分析した。