菰野町 お年寄りら交通安全学ぶ ゲームや落語で楽しく 三重

【交通安全落語で笑うお年寄りら(右側)=菰野町竹成の竹永地区コミュニティセンターで】

【三重郡】高齢者を対象にしたJAみえきた主催の「交通安全教室」が24日、三重県菰野町竹成の竹永地区コミュニティセンターであった。参加した約50人が、講話やゲーム、落語を通して、楽しく交通安全を学んだ。

四日市西署交通課の担当者が、管内でも4月6日に自転車に乗った92歳の男性がトラックに接触して死亡する事故が発生していることを話し、「ドライバーが必ず自分のことを見ていると、絶対に思わないで」「道路を横断するときは、信号機や横断歩道のあるところを渡って」「明るい服装と反射材を」などと呼び掛けた。

交通安全落語では、落語家の林家久蔵さんが巧みな話術で笑いを誘いながら、
交通安全を訴えた。