鈴鹿市 健康づくりポイント化 7月2日開始、特典と引き替え 三重

【「すずか健康マイレージ」をPRする市職員=鈴鹿市役所で】

【鈴鹿】三重県鈴鹿市の末松則子市長は23日の定例記者会見で、健康づくりへの取り組みをポイント化する「すずか健康マイレージ」事業を7月2日から始めると発表した。ためたポイントは特典と引き替えられる。実施期間は平成31年3月まで。

40歳以上を対象に、生活習慣の見直しや健康寿命の延伸など、市民の健康づくりの推進につなげることが狙い。県の健康マイレージ事業とも協力して実施する。

参加方法は、市役所などで配布するチャレンジシートを入手後、特定健康診査の申請や市民健康講座などのイベント参加などで、ポイントがたまる仕組み。健康検査は200ポイント、健康イベントは百ポイントなど。特典は、最大の2千ポイント以上でクオカード1000円分と県内の協力店で優待が受けられる「三重とこわか健康応援カード」など、獲得ポイントによって変わる。

末松市長は「自らの健康を自ら守る意識付けにつながれば」と述べた。