鈴鹿市観光事業振興功労者 六田さんら3人

【鈴鹿】鈴鹿市観光協会(坂口博文会長)はこのほど、市の観光事業振興に貢献した3人を「平成30年度同市観光事業振興功労者」として選んだ。

表彰を受けたのは六田悦郎さん(82)=同市南若松中=、森下卓弥さん(33)=同市南玉垣町=、野呂伴樹さん(44)=松阪市小片野町=。

六田さんは平成17年から大黒屋光太夫顕彰会理事として、光太夫関連史跡などの維持管理などに努めるとともに、若松地区への誘客に貢献してきた。

森下さんは平成21年から鈴鹿さくら祭り実行委員として企画、運営に尽力。同28年からは実行委員長を務める。

野呂さんは平成四年に近畿日本鉄道入社。現在は白子駅で窓口業務の中心的役割を担い地域の観光振興に寄与している。

それぞれの活動が評価された。3人は21日に同市稲生町の鈴鹿サーキットで開催する同協会通常総会で表彰される。