鈴鹿市長の資産公開 三重

【鈴鹿】三重県鈴鹿市は16日、市の市長資産公開条例に基づき、平成29年中の末松則子市長の所得などを発表した。

市によると、給与所得は市長報酬と県農業共済組合連合会、三重用水土地改良区の役員報酬を合わせて1604万3120円。そのほか、講演料など8万8790円。

預金・貯金が126万1667円増加し、借入金は140万4630円減少した。

報告書の原本は同日から秘書課で閲覧できるほか、概要は市ホームページで公表している。