車内に男性変死体 鈴鹿署が捜査、首にコード 三重

【鈴鹿】13日午前5時55分ごろ、三重県鈴鹿市稲生塩屋一丁目、解体作業員男性(25)方の駐車場に停めてあった軽ワンボックス車内で、この男性が首に延長コードを巻き付けた状態で倒れているのを義理の息子(25)が発見し、一一〇番した。男性は同市内の病院に搬送されたが約1時間後に死亡が確認された。首を絞めたことによる窒息死が死因とみられる。鈴鹿署は司法解剖して詳しい死因などを調べ、自殺、他殺の両面から捜査を進める。

同署によると、男性は首に延長コードを巻き付け、車内後部座席に仰向けになって倒れていたという。争った形跡や目立った外傷は確認されておらず、遺書などは見つかっていないという。車はキーを刺した状態で施錠されておらず、車内からは財布が、自宅からは携帯電話も見つかった。

男性は妻(45)と2人暮らしで、当時妻は自身が経営する同市内にある飲食店に出勤していたという。電話やメールで男性とやり取りをしていたが様子がおかしく、連絡が取れなくなったことから自分の息子に様子を見に行かせたところ、男性が車内で倒れているのが見つかったという。