「滝」の瞬間とらえた22作品 伊勢で川瀬さんの写真展 三重

【「滝」をテーマにした写真が並ぶ会場=伊勢市宇治今在家町の太閤餅ギャラリーで】

【伊勢】三重県伊勢市宇治今在家町の太閤餅ギャラリーで、津市一身田平野のアマチュアカメラマン川瀬寿男さん(75)の写真展が開かれている。入場無料、30日まで。

川瀬さんは約20年前から本格的に撮影に取り組み、「自然」をテーマに長野県や福島県などを訪れて四季折々の風景をカメラに収めている。

6回目となる同展は「滝」に焦点を当て、これまで撮りためた写真の中からお気に入りの22点を選んで展示した。

鮮やかな色彩の紅葉と一緒に写した雄大な滝や、冬の厳しさを感じるつららの下がった滝、新緑の中を穏やかに流れる滝などのほか、カメラのシャッターを3―4秒開けたまま撮影し、水面に浮かんだ落ち葉を渦巻きのように表現した作品も目を引く。

川瀬さんは「何回も足を運んで撮影した作品を見て努力を感じてもらえれば」と話していた。