特殊詐欺被害防ごう 四日市市熟年大学の入学式 受講生101人学ぶ 三重

【特殊詐欺の手口などを話す木地事務局長=四日市市海山道町の三浜文化会館で】

【四日市】60歳以上の高齢者の学びや活動の場として30年以上の歴史を持つ「四日市市熟年大学」の入学式が11日、三重県四日市市海山道町の三浜文化会館であった。午後からの記念講演で、桑名地域生活安全協会の木地茂事務局長を講師に迎え、受講生101人が特殊詐欺の被害に遭わないための心構えや注意点などを学んだ。

木地事務局長は、昨年の四日市北、南、西署管内での被害の実態や、実際に県内で発生した特殊詐欺のだましの手口を具体的に説明。「手口さえ知っていれば、被害に遭うこともない。普段から関心を持ち、知ることで、被害を未然に防いでほしい」と呼び掛けた。