松阪市 空家対策で庁内組織 市長が辞令交付 三重

【松阪市空家等対策庁内連携会議のメンバーに辞令を渡す竹上市長(左)=松阪市役所で】

【松阪】三重県松阪市は11日、空家等対策庁内連携会議の辞令交付式を開いた。建築、環境、防災など関係部局の課長13人で構成し、竹上真人市長が辞令を渡した。

昨年設置した課長級でつくる「空家等対策プロジェクトチーム」の名称や業務を変更して新設した。関岡輝明建築開発・空家対策担当参事が会長を務め、市空家等対策計画の策定や施策の検討を進めていく。

竹上市長は「自治会にお願いしていた空き家調査がまとまりつつある。空き家対策計画をつくってほしい」と指示し、「今にもつぶれそうな空き家があり、これほど迷惑な施設はない」と対応を呼び掛けた。