埴輪の人気投票開催中 鈴鹿市考古博物館 特別展に向け事前PR 三重

【好きな埴輪(はにわ)に投票する来館者=鈴鹿市国分町の市考古博物館で】

【鈴鹿】三重県鈴鹿市国分町の同市考古博物館で6月17日まで、埴輪(はにわ)の人気投票を実施している。7月14日から始まる同館20周年記念特別展「三重のはにわ大集合!」に向けた事前PR企画。

兜をかぶった武人、イヤリングやネックレスをしたみこ、中国風の衿の服を着た男子など、鈴鹿市や松阪市など県内6市の10遺跡で発掘された人物埴輪(はにわ)15点がエントリーしており、写真パネルで紹介。自分が好きな1点を選び、シールを貼って投票する。

現在の一番人気は、エントリー外で紹介している赤ちゃん。ほかの埴輪(はにわ)が抱えていたもので、単体ではないため除外された。集計結果は特別展の中で発表する。

同館では「特別展では実物を展示するので楽しみにしてもらえれば」と話していた。