「消防士の最前線に立つ」 亀山市消防本部 水野リーダー決意表明 三重

【平松消防長(左端)に決意表明する水野リーダー(左から2人目)=亀山市野村4丁目の市消防本部で】

【亀山】三重県亀山市野村四丁目の市消防本部庁舎で10日、今年度発足した12人の消防救助グループの水野圭介リーダー(43)が平松敏幸消防長に「全ての消防士の最前線に立ち、チームワークと高度な救助技術を発揮します」と決意表明した。

平松消防長は「亀山市民5万人の安心、安全に応えるべく、より一層の活躍に期待する」と訓示。また、10人編制で活動する山岳救助隊員に新たに加わった4人に指定書を交付した。