国道25号のり面崩落 亀山、1.9キロ、全面通行止め 三重

【亀山市関町金場の国道25号の崩落したのり面(三重県提供)】

【亀山】10日午前10時50分ごろ、三重県亀山市関町金場の国道25号のり面の崩落を住民が発見し、県に連絡した。県は同11時から1・9キロを全面通行止めにした。再開のめどは立っていない。名阪国道で迂回(うかい)できる。

高さ約10メートル、長さ約30メートルにわたって崩れ、幅約4メートルの道を全てふさいでいる。原因は分かっていない。