相次ぐ給食異物「大変遺憾」 松阪あゆみ特別支援学校 1カ月で3回、三重県知事が陳謝

三重県立松阪あゆみ特別支援学校で給食への異物混入が相次いでいる問題について、鈴木英敬知事は9日のぶら下がり会見で「子どもや保護者の信頼を裏切ることが短期間で連続して申し訳ない」と陳謝した。

鈴木知事は「再発防止策を委託業者と一緒に考えてきたにもかかわらず、短期間で相次いだのは大変遺憾。二度と起こらないようにしてもらいたい」と述べた。

学校側が給食の委託業者を擁護する姿勢を見せたことに対して「『まだ設備に慣れていない』というのは言い訳にならない」と一蹴した。