「泳げ!鯉のぼりくん」家族連れでにぎわう 熊野・七里御浜海岸 三重

【七里御浜海岸で泳ぐこいのぼり=熊野市で】

【熊野】三重県熊野市の七里御浜海岸で市民から寄贈されたこいのぼり約200匹が泳いでいる。5日まで揚げる。

子どもの健やかな成長を願い、地元有志でつくる「七里御浜鯉のぼりの会」(西地隆彦代表世話人)が「泳げ!鯉のぼりくん」と題して開き、34回目となる。

海岸は多くの家族連れでにぎわい、記念撮影をしたり弁当を食べたりする姿が見られた。

疇地雄さん(38)=尾鷲市宮ノ上町=は1歳の長女咲桜(さら)ちゃんと訪れ、「色鮮やかできれい。こいのぼりを近くで見られて子どもも喜んでいる」と話していた。